コンポとは何か?

スポンサードリンク

コンポとは何か?

コンポという言葉は日常的に使われますが、明確な定義まで知っている方は少ないのではないでしょうか。
現在、コンポと呼ばれているものはミニコンポを指しすと言われています。
元を辿ると、コンポーネントステレオに行き当たります。
しかし、これも定義がやや曖昧であり、スピーカーやアンプなどを組み合わせたものは全てコンポと呼ぶ場合もあります。

 

スポンサードリンク

 

現在ではオーディオとも呼ばれるようになっています。
この言葉が使われるようになった正確な時期は不明ですが、1960年代には既にオーディオという言葉がありました。
メーカーがおすすめの組み合わせで販売を行うというスタイルが当時は主流でした。
そして、1990年代以降は再生機器の性能も上がり、また小さくコンパクトになりました。

 

そして現在はミニコンポというものに派生していき、そちらが音響機器の主流となったのです。
スマートフォンや携帯音楽プレーヤーを所有する方が多くなり、気軽に音楽を楽しめる環境になっていますが、やはり高音質の音楽を求める人たちにはコンポは欠かせないツールとなっています。
今後は携帯機器による音楽鑑賞が主流になっていくことは間違いないでしょうが、それに伴ってコンポの需要も見直されていくものと考えられます。

 

スポンサードリンク