コンポとスピーカーの違いって?初心者にも分かりやすく違いを解説

スポンサードリンク

コンポとスピーカーの違いって?初心者にも分かりやすく違いを解説

コンポとスピーカーの違いってご存じでしょうか。
コンポとはコンポーネントステレオの略称で、「アンプ+CDプレイヤー+ラジオ」に「独立したスピーカー」がセットになったステレオシステムのことです。(スピーカーも一体化したのはラジカセと呼ばれます)
スピーカー単品はコンポと一緒に付いている、音を出すボックスのことですね。電気信号を聞こえる音に変換してくれる役割をはたしています。
つまりスピーカーはコンポの一部ということですね。焼肉定食がコンポだとしたら、焼肉単品がスピーカーみたいなイメージです。(違う)

 

スポンサードリンク

 

ちなみにIphoneに曲が入ってるなど音源があっても、スピーカーだけでは音をならすことはできません。
Iphoneを直接、単品のスピーカーに繋いでも(端子が違うので繋げないと思いますが)音は出ません。
ここ必要なのがアンプという機械です。これは簡単にいうと「音を大きくする機器」で、これがあって初めてスピーカーを鳴らすことができます。
ウォークマンやテレビにもアンプが内蔵されているから、音量を調節できて音楽を楽しむことができます。ちなみにアンプは単品でも販売されています。
焼肉定食ならアンプは箸です。箸がないとお肉は楽しめませんし、どれだけの量を口に入れるかも箸で調節できます。(違う)

 

この「アンプ+スピーカー」というのが、音楽を楽しむには必ず必要なセットでコンポには初めから両方ついています。
ちなみにコンポまで揃ってなくても音が鳴らせる、アンプ内蔵スピーカーというものもあります。分かりやすいのはPCに外付けするスピーカーで、電源とボリュームのつまみがついていますよね。これがあれば充分に音楽は流せます。
なのでCDを聴かないという方は、コンポを揃えなくてもアンプ内蔵スピーカーでもOKです。
つまりライス(CD)はいらなくて、おかずだけ楽しみたければ焼肉と箸(スピーカーとアンプ)だけあればいいということです。(全然上手くない)
コンポじゃなくてスピーカーで音楽を流したいという場合は、アンプなしのスピーカーを購入しないようにだけ注意しましょう。別途アンプを揃える必要が出てきます。
また、音質にこだわりたい方は月並みですが値段で見るのが一番分かりやすいです。
2万円をベースに考えればそれなりの音が出ます、パソコン用スピーカーでも3万円も出すとかなりの高音質になります。

 

見た目のスタイリッシュさで選ぶと、音がイマイチということもあるので、気を付けてください。
ちなみに見た目で選んで失敗してしまっても、コンポであればスピーカーが独立しています。スピーカーを交換しただけで悩みを解消できる出来る事もあります。
スピーカーもコンポも一昔前に比べてだいぶ安くなっていますから、選択の幅は多いと思います。

 

 

スポンサードリンク