部屋中にiPhoneの曲を高音質で流せる!おすすめ対応コンポ3選

スポンサードリンク

部屋中にiPhoneの曲を高音質で流せる!おすすめ対応コンポ3選

最近の音楽の楽しみ方はCDよりも、iPhoneなどのスマホにダウンロードすることの方が多くなってきました。
お気に入りの曲をiPhoneにたくさん入れて、外で曲を聴いている方も多いと思います。
一時期はウォークマンと連動できるHDDコンポが人気を博したことは、HDDコンポならMDも蘇る!おすすめハードディスクコンポをご紹介でご紹介しましたが、最近の主流はスマホです。
しかしCDの衰退とともにコンポも売れなくなってきているかというと、意外とそんなことはありません。
最近のコンポはiPhoneなどのスマホと連動して曲を流せるタイプも出ていて、スピーカーを通せばイヤホンとは違った高音質を楽しめるからです。

 

スポンサードリンク

 

部屋でお気に入りの曲を流しながら家事をすれば開放的な気分を味わえますし、家族や友人とパーティでワイワイ盛り上がったり、恋人と夜をムーディに過ごしたりすることもできます。
iPhoneからコンポに曲を飛ばすときは、Wi-FiやBluetoothといった無線がとても便利ですね。
ここで注意していただきたいのが、無線を介すると圧縮規格の関係で、飛ばすだけで音質が劣化することがあることです。(※特にBluetoothの場合)
どんなに高音質な音源でも飛ばすだけで劣化してしまっては意味がありません。コンポで流すなら尚更ですよね。
こちらでは無線で飛ばしても音質が劣化しない、iPhone対応のコンポを厳選してご紹介していきます。

 

iPhone対応のおすすめコンポ

ケンウッド K-531

価格:24,800円
「ブルートゥース・サウンド・エンハンサー機能」が搭載されており、音質が下がりがちなBluetooth接続なのに、逆に音質を改善してくれます。
音質劣化を気にせず、高音質を思い切り楽しむことができます。iPhoneドックもついてるので、直接接続も可能です。

 

パナソニック D-dock SC-HC57-K

価格:14,760円
パナソニック独自の音楽送信システム「AirPlay」に対応したミニコンポ。こちらも音質が劣化しないのがメリットです。またプリセットイコライザー機能を使えば、音質の調整をすることも可能。
iPhoneを直接接続することもできて、直接繋ぐと充電も同時に行えます。
AirPlayを使えば音楽だけじゃなく、Youtubeなどの動画も簡単に音声が飛ばせてスピーカーで流せるので、動画試聴の楽しみ方も広がります。

 

スポンサードリンク